短時間で気持ち切り替えないといけない朝

やっぱりね、という電話が朝一番であった。気分が落ち込まないといえば自分へのウソになる。今日は日中在宅仕事して夕方から外仕事へという予定なので気を引き締めようと思った矢先のこと。即刻回復しないとひじょうにまずいのに、コーヒー1杯や風呂で紛らすというわけにもいかなさそうだ。かといって深く反省、というのも自分へのウソっぽい。多分もっともしっくりくるのは自分自身に対しての、甘く見るなよ、という戒めだと思う。何事も片手間ではできないということは分かっているのに、そんなことは相手に対して失礼であることも分かっているのに、自分ひとりでやるしかないという仕事のスタイルである限り、戒めてはいても本業とそうでないものの間に優先順位をつけるという調整は必要になり、今日の電話はどっちかというと、なんて遠まわしな言い方をしなくても、自分には異分野からのもの。

一番の不安は何といっても定期収入がないことなので、額は少なくてもそれだけで飛びつきたくなってしまうことについてはしょうがない。ただ、それで過去にも痛い目にあったこともあるのに、うまいこと忘れてしまうわけだ。今回は、もっと痛い目にあったり合わせたりというのを未然に防いだという意味では良かったのだと思うと、ウソでなく良かった。収入についての予定はちょっと狂ったが、そもそも予定なんて立てる方が間違っていた。これだけの時間が取られるということへの躊躇があったのもウソでないので、踏み込んで考えると時間があいたということ。昨年を出歩いて過ごすというのは決めていたことなのでその通りに過ごした。今年はまたすべて流動的という現状復帰でめでたし。一抹の不安材料は、問題の息子が娘のアパートに転がり込んだことである。自分のことなら自分で解決策を探すしかないけど、家族のことは一番やっかい。

Commented by jun at 2016-03-19 06:58 x
わたしにも、「甘く見るなよ」という戒めは日々あります。懲りずに一日に三たび反省していますが。さて、家族はウチもやっかいですが、明日は「家族ノカタチ」の最終回かな?今を描くドラマとしては最高に面白いです。また今夜は、一年以上前から迷っていた須坂のタイ式マッサージを、kienlenさんのお友だちだと知ってやっていただく予定です。
ニューヨークといえば、名前を聞いただけで若い頃は心踊ったものですが、最近は近場の温泉に魅力を感じるアラ還になってしまいました。来月は鎌倉界隈に行く予定で、由比ヶ浜の古い宿を予約したところです。
時節柄、どうぞ御自愛を。
Commented by kienlen at 2016-03-19 08:37
junさん、おはようございます。いつもありがとうございます。マッサージいかがでしたか。お勧めドラマは遂にムリでした。何に時間を使うかという時に、テレビの習慣がないのでつい後回しになってしまいます。じゃあそれで何をしているかというと、これがよく分からない。少なくともカタチになることではないですね。
by kienlen | 2016-03-16 10:49 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る