雪景色

f0104169_22371813.jpg
この冬はまともな雪景色を、例外的に早くから降った軽井沢以外に見ていない。長野の市街地はカラカラで楽ではあるが、このまま雪の季節が終わるのは何か物足りないと思っていたら野沢温泉に行く仕事があった。早目に出て飯山に寄り、それから橋を渡って野沢温泉村へ。子どもが小さい時はなぜか何度か行った記憶があるが、もう何年も行ってないので久しぶり。けばけばしてなくて、改めていい所だなと思った。狭い場所に固まっているし地形の起伏に富んでいるのが好き。せっかくだから温泉に入りたかったが、そこまでの余裕がなかった。
f0104169_22361225.jpg
ランチをごちそうになった。人気の店で行列になっていたのを待って。勧められるままにやきとり丼をたいらげ、話しをしていたら、背後から多分「Let me check」という声が聞こえて、まさか自分に関係あると思わなかったら隣に男性がぬっと顔を出して私の荷物を動かそうとしている。日本人に見えたので、何で英語使うんだろうと思ったら、あせった様子で英語でiPhoneがあるはずだとか何とか言っている。ここまでくると日本人が冗談言っているわけじゃなさそうで、座布団の下なんかも一緒に探したがなかった。つまり外人さんが忘れ物をしたと思って引き返したらしい。野沢温泉村に外国人が多いらしいのは聞いてはいたが、なるほど。倒産した民宿を買って経営する外国人もかなりいるとのことだった。話していた村の人も、外湯に入りに行ったら先客全員外国人だったと言っていたし。
f0104169_22390378.jpg
雪など珍しくもないはずなのに、今年はちょっと違う。それにしても世の中の変化は大きい。古い温泉地とスキー場って魅力的ではあるんだろうな。火祭りも見物客の半分は外国人で、マイカップ持参でただ酒もらって飲んで酔っぱらっているとのことだった。入浴マナーは「日本人よりいいよ」と言っていた。一段落したら遊びに行ってみようと思う。



by kienlen | 2016-03-02 23:04 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る