ワルシャワからクラクフへ

ワルシャワに1泊してポーランドの京都という位置づけになるらしいクラクフに昨日来た。娘が旅行会社を通じて予約していた列車だとワルシャワを午後3時過ぎ発でクラクフ着が6時だったので、せっかくの観光地を見ることができない予定だった。中1日はアウシュビッツへのツアーで終わるからだ。残念だけど、空港でポーランド出身の人が教えてくれたレストランで食事するくらいしかできない。ただ、列車で何度も移動していると、旅行会社が言う通りとも感じられなくなった。多分途中でストップするとか乗り換えがあるとかを覚悟すればもっと本数はあるに違いないと思って、ワルシャワは普通の都会だし、午後3時までという半端な時間をここで過ごすよりは、で、ホテルで列車について聞いたらやはり何本もあった。

8時55分発のが一番速いということだったので、急遽予定変更で駅に行った。指定料金を無駄にしたが、お昼前にクラクフ到着。快速というか準急というか急行というか、途中の駅に停まらずホントに速かった。旅行者らしき人が多く、日本人の若い女の子のグループもあり。卒業旅行かもしれない。クラクフは田舎の小さい駅を想像していたらモダンで日本の地方の駅がどこも似ているのと同じような印象だった。後でガイドブックを見たら新しくしたばかりのようだ。ホテルのチェックインにはあまりに早すぎたので、少なくとも荷物だけ預けようと直行したら首尾よくチェックインができた。シーズンオフで空いている効用かもしれない。おかげで半日ゆっくり町歩きができた。確かに古都だけどプラハの規模を見てしまうと物足りなく感じる。逆のコースにした方がどちらも新鮮に感じられたかも。
by kienlen | 2016-02-24 21:39 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31