羽田空港でハプニング

16日の昼に羽田空港で娘と待ち合わせ。出発が午後3時過ぎだったし、羽田だと近くで非常に便利で朝は余裕で出た。食事を済ませてルフトハンザ航空のラウンジで、娘から渡された地球の歩き方を見ていた。ガイドブックをこんなにちゃんと読むなんて初めてのことだなと思いながら。今回は2人とも初めての場所だし、グループツアーでもないので見ておかないわけにはいかない。脇を、半袖姿の外人さんが通りそうになり、真冬にこういう格好している外人さんって結構いるけどどういうことなんだろうかと何となく思っていたら「ポーランドに行くんですか」と声がした。顔を上げると目の前にその外人さんが座っていて自分はポーランド出身だと言う。地球の歩き方は日本語だけど表紙のタイトル下に国名が英語で書いてある。それを見つけたようだ。すごい。とてもフレンドリーな人で、母とあちこち旅しているんだけどね、ラスベガス、ハワイ、東京6日と横の女性を指しながら言い、行き先を聞くのでウイーンと・・と言いかけたら「ヴィエンナ」と言い直された。そういえばウイーンって何語なんだ。それからプラハ、ワルシャワ、クラクフですと言うと、移動手段を聞かれ列車と言うと、良い良いという感じでにっこり。

ポーランドについてはカードが使えるのかとか危なくないかとか分からなかったので尋ねた。普通に気をつけていれば問題なしとのこと。夜行列車はそれで迷って止めたのだが、夜行の旅も快適とのことだった。旅の企画をする前に知り合っていれば良かったのにな。クラクフはとても良くて料理も美味しいというので、ノートを渡してお勧めを書いてくれと頼んだら、これをホテルに見せれば分かるとレストランの名前を書き、レストランで見せればいいと料理名を3種書いてくれた。一皿10ユーロくらいと言いながら。フランクフルトに住んでいるとのことで、もっと聞きたいことはあったが、ビジネスクラスの搭乗アナウンスがあったら女性がホラホラという感じで目配せし、バイバイとなった。私たちは言うまでもなくエコノミー。最後に2週間くらいですかと聞かれたから10日間ですと答えた。他の国もあった地球の歩き方のたまたまポーランドをこの瞬間に見ていて、たまたま通りかかって、たまたま私が通路側にいたからの出来事。幸先が良かった。11時間のフランクフルトまでのフライトはうんざりだったけど、シーズンオフのせいか隣が空席で、これだけでエコノミーの場合は段違いに快適だった。乗り継いでこっち時間の夜の11時にビエンナに到着し、タクシーでホテルに。45ユーロ。今、朝の6時半。まだ暗い。
by kienlen | 2016-02-17 14:26 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る