キッチン代わりの食堂にて

f0104169_19442583.jpg
毎日ごちそう食べてます。でも、ここに勝る食堂は思いつかない徒歩3分の店がダントツ。日曜日定休日の夫がそこに行きたいというのでもちろん大歓迎で3分歩いて行った。夫カキフライ定食で私寒ブリ定食。氷見の漁港で食べたのには及ばないけど充実の夕食だった。夫と向き合っても話すことはないので、日本酒1合取って手酌でひとりで飲みながら持参の本を読もうと思ったら、店に置いてある雑誌が目に入った。女性向けビジネス誌の本特集。何となく見ていたら結構面白くてこちらを読んだ。そのうちに食べ終わった夫が出て行った。店の人が「あれ、帰っちゃったけどいいんですか」と聞くから、いいんですと答えた。すぐ近くだし迷うはずないし用事あるらしいし。

ついでに店の人に、その雑誌について「これ、買ったんですか」と聞いて見たら「そうなんですよ。私本が好きだから、どんな本が紹介されているか読みたくて買ったのに全然読んでいる時間がなくて、店に持ってきておいて目に入ると読めるかなと思ったのになかなか」とのこと。「いい雑誌ですよね」と言うと「あら嬉しい。いいなと思って娘にも送ったんです」。ますますいいですね。実は、思い入れがなくて処分するようなら下さいって言おうと思ってそんな話しを持ち出したのだが言えなくなった。ところがそれを察してくれたみたいで「娘のとこにもあるから差し上げても…」と言ってくれたが、そういうわけにもいかず、それに手元にあると雑誌って読まない可能性高いのは分かっているので、また読みに来ますと言って出た。しょっちゅう行っているんだから今さらじゃないけど。その店がますます好きになった。



by kienlen | 2016-02-07 20:04 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る