シーズンズ ―2万年の地球旅行―

新聞に映画のベストテンがあって「シーズンズ」が入っていた。しばらく前に試写会で見ていた。いったいどうやって撮影したんだと思うシーンの連続で、素晴らしいドキュメンタリーだった。動物好きの人だったら特に感動間違いなし。それから、人間がここまで横暴になって自然界に君臨するのに疑問を感じている人にもお勧めしたい。テーマが明確で愛のある内容だった。劇場公開が始まった頃、友人にどうだったかと聞かれたので少しでも興味があるなら見た方がいいと思うよと自分としては強めにお勧めしたけど、見たんだろうか。

始まりは2万年前。この頃が氷河期の中でも最も厳しい時期だったそうで、ジャコウウシやトナカイが凍てつく中を懸命に生き延びる様子にいきなりジンとくる。もうこの撮影を想像しただけで、想像するのも難しいけど、すごいな。それから場面は一転して氷河期が終わり森の動物たちが生を謳歌する楽園のようなシーン。そこに人間が台頭してきて、森の木を伐採し狩りをし、そのために犬が家畜化されという歴史がひじょうに分かりやすくまとめられるのだけど、とにかく映像が素晴らしい。私など動物の生態を知らないので、襲われそうになったら防ぐ準備をしているのか、殺してもいるんだろうかと考えていたら最後に動物に危害を加えてないという説明あり。ナレーションも良くて全体にとても良かった。

by kienlen | 2016-02-03 11:41 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る