冬だった

昨日も軽井沢に行った。ずっと暖かかったが、さすがに油断はできないだろうと真冬以外は耐えられるコートを着用した。でも軽井沢に入ると道行く人は厚手のダウンなど真冬仕様になっている。そもそも里山のてっぺんが雪で白くなっている。温度計は3度。パーキングに停めて外に出たら本気で寒かった。車の中に留まっていられるわけじゃないので、もっと厚いのを着てくるんだったと後悔した。標高1000mを甘くみてはいけない。時間が少々あったので老舗のコーヒー屋さんに入る。陽気がいいと散歩したいのだけど、挫折。高いコーヒーを飲みながら読書。

町内を移動しているうちに深い霧に覆われた。そういえばこの夏にタイから来た友だちが川に霧がかかっているのを見て初めての光景だと大喜びで写真とりまくっていたっけ。街が霧に包まれているのを見せてやりたいと思ったが、写真を撮っている余裕もなかった。寒いし時間は押しているしで。まだタイヤを冬用にしていない。まさか凍ることはあるまいとは思っても、温度計は1度だし、道路で示されたのは0度だったので、タイヤ交換をすぐにすることを決意。こういうことで危険を冒す趣味なし。標高が低くなると温度はじょじょに上がり5度くらいまでになった。突然冬に突入。朝から木枯らし。外に出たくない日。

by kienlen | 2015-11-26 09:43 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る