碓氷峠

f0104169_21031408.jpg
峠大好きなので群馬へは碓氷峠を越えたかった。その前の軽井沢行きでてっぺんまでの下見をしていたので、あのまま下ればいいのだ、というのは分かっていた。ところが当日は祝日で、峠入り口に当たる道が車の侵入ができない状態。他の道があるには違いないが、そこまで調べるほど、同行者が峠好きではない。娘は車酔いするからカーブが苦手だし父はいつも山の中に住んでいるから山へ入りたいわけじゃない。おとなしくバイパスを行くしかないなと諦めた。ひとりだったら別の道を調べるのだが、でもひとりであの峠を越えたいわけでもないというジレンマ。

というわけだったのに、山沿いに行ったら旧碓氷峠という道に偶然入った。峠はだいぶ通っているけど、ここのカーブはかなりきつくて直線なし。娘がへたってしまったが、ここしかないようなフリをすることにした。幸い、車が多い。そのうちに駐車場があったり人出があったり変な気配。こんな山の中で何事かと思ったら、この通称めがね橋と呼ばれる碓氷第三橋梁など、かつての鉄道の名残の見物らしかった。確かに見応えあり。下調べなしで出会えたのは幸い。車を降りて登ってみたかったが、あまりの混雑にムリだった。写真も車の中からウインドウ越し。秋空と紅葉と廃墟。

by kienlen | 2015-11-07 13:13 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31