首相官邸の前で

上京のついでにドキュメンタリーを1本見た。それがこの、首相官邸の前で。小熊英二が監督しているというのを、私が小熊英二の本をいくつか読んでいるのを知っている娘が教えてくれて、前回の上京時に見たかったけど後回しになっていた。地味なドキュメンタリーであろうことは想像していたけど、それ以上は想像できなかった。渋谷の小さな映画館は、さすがに人もまばら、とはいえ平日の昼間で10人くらいはいた。3.11の後で反原発運動が盛り上がり、大飯原発再稼働の決定にますます盛り上がり、結局再稼働をいったんは防いだというところまでを描いたもの。こういう時代になったんだ、と感じたのは制作方法。YouTubeにアップされたたくさんの画像を、許可を得た上で使い、インタビューと組み合わせて作っている。小熊英二が制作費も出しているそうだけど、この方法なら低予算でできそう、という気になる。きっとこれからも増えるんじゃないかな。首相への申し入れの画像にはご当人も映っていた。

日本人と意志表示は似合わない。登場している人たちも、そんなことは考えたことがなかったという人が中心。でもさすがに我慢ができないし、ここまでの規模のデモになっているのにマスコミは報道しないし、という憤りがヒシヒシと表現されていた。市民運動が分裂する過程も学習されてきているので、それを防ぐことへの努力も、それぞれの立場と考えからなされていた。アナーキストなのに政治家に申し入れなんて矛盾していて嫌だけど妥協したとか、黒い服装で怖そうな人たちと一緒にデモするなんて嫌だけど、やってみたらそうでもないとか。私自身はデモに行ってないので友だちから聞いただけだけど、聞いた話しの印象とは合致していた。反原発のデモの規模というのは60年、70年安保の時の学生運動の規模よりもずっと大きかったのだそうだ。知らなかった。日本のメディアのデモ報道のなさは、他と比べたら愕然とするはず。漠然と予想していたよりもずっと面白かったし、感動もした。



by kienlen | 2015-10-31 23:41 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る