『芥川賞を取らなかった名作たち』

根っからの本好きの友人が貸してくれたもの。佐伯一麦著。初めて読んだ方。事前にテキストを読んできて会場で感想を書くという講座の記録ということ。講師である著者の解説があり、参加者とのやり取りもある。時には担当した編集者との会話や対談があったりと多彩な構成。まず太宰治からスタートして、私などが知っているところでは吉村昭とか萩原葉子とか島田雅彦とか、合計12作品。一番面白かったのは、同じ作品に対して評価の分かれる選評で、著者も「昔の選評はそれぞれの文学観を賭けて書いてますね」と言っている。作品を読んでなくても楽しめて、読んでみたいなと感じるのもあった。もちろん著者の文学観もでて、読みやすくて面白かった。
by kienlen | 2015-10-30 22:43 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30