『クーデターとタイ政治―日本大使の1035日』

娘と古本屋をまわっていると、たまに彼女がほらっとわざわざ持ってくる本がある。そういう時はすべてタイ関連だ。タイ関連は一応カバーしておきたいのでひじょうに高い割合で買うことになる。これもそのひとつ。タクシン首相の在任中の2005年に日本大使としてバンコクに赴任し、クーデターによる政権崩壊を見て、新政府の成立、新憲法発布、野党がボイコットした選挙、タクシンの傀儡政権の誕生、激化する反タクシンデモ、デモ隊の衝突、非常事態宣言、日本でも大きく報じられた反タクシン派による空港の占拠、そして野党だった民主党政権の成立までを見届けた著者によるもの。

大使なので国王謁見から新首相、新閣僚などに片っ端から会うのだが、内閣がコロコロ変わるので会う人数も多い。その様子が、当たり障りのない程度に書いてある。チャムロン氏などは、まだこんなに元気で活動していたんだ、と驚いた。そういえば元は軍人だったんだ、という記憶も甦る。彼がカンチャナブリーで行っているというエリート養成塾みたいなのが興味深かった。鍾乳洞の中で演説すると効果的だとか、畑仕事をさせるところとか。著者は長野県出身なんだそうだ。当時の一連の流れが大使の視点でどう見えたかという分かりやすい内容。何が起きているか訳分かってない者にとっては参考になった。著者から見た政治家のひととなりも。特にサマック氏。ちょっと笑えた。

by kienlen | 2015-10-06 20:26 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー