ショーシャンクの空に

午前十時の映画祭に毎回入っている映画だったと思う。映画好きの人どころか、映画館やっている人からも一番好きな映画に挙がるこれを、ずっと見たいと思っていながら逃していた。今度こそということで、連休で混むとやだなと思いながらも行ってみた。そこそこ混んでいた。人気があるということは、多分怖くないと予想した。そしてハッピーエンドに違いないとも。かといって内容がどうかは何も知らずに行ったのだが、いきなり殺人の場面でびっくり。ただし凄惨な場面は映されないので目を背けるところなし。主人公は無罪を主張するが、その殺人を犯したということで裁判になり、終身刑の判決を受ける。そして服役。ここからが本格的な物語の始まりで、面白いのなんのって。原作がスティーブン・キングだそうだけど、素晴らしい。

受刑者にまず聖書が配られるのはびっくりした。異教徒も受け取るんだろうか。主人公は銀行の副頭取というエリートで自分の世界をもっているみたいだ、ということが、長期服役で何でも調達する術を身につけて独自の地位を獲得している服役者のレッドの語りで説明される。このレッドは主人公の先輩として人生訓ともいえる的確な務所内訓を伝える。希望を持ち過ぎてはいけないことも。務所内の人間関係、圧倒的な権力側の横暴、それを生き抜く人あり、殺される人あり。そんな中、主人公は生き延びるわけだが、その方法がすごい。すごすぎてどんでん返しがあることを予想していると、予想を超えるどんでん返しの面白さ。そして最後のどんでん返し。最高だった。後味も良い娯楽作品とはいえ、深い。このところ落ち込んでいるままだけど元気になった。趣味の合いそうな友達に強力にお勧め。娘にも必見メールした。ロビーで余韻に浸っていたら、知り合いがいたから声かけたら3度目だけどいいねえ、と言っていた。分かる。

Commented by jun at 2015-09-22 07:16 x
凄すぎて、まだ見ていない人にネタバレも気にしない程の見事な映画評、kienlenさんの鑑賞後の気持ちが伝わってきました。
映画同様信じられないような偶然、奇跡、希望(?)か、私も知人に勧められていて、昨夜初めてDVDを借りてきて見終わったところです。映画館でやっていこととは知らずに。
しかし人生って面白いこともあるなあ。
Commented by kienlen at 2015-09-22 09:42
鑑賞後の気持ちしか書いてないので評でもないし、筋もないのでネタバレもないんですけど…、バレてますかね。それにしても同じ日に観たとは奇遇でした。昨日はもう1本観ようかと思っていたんですが、これだけで満足でそのまま帰りました。
by kienlen | 2015-09-21 18:01 | 映画類 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30