朝から飲むけど量にはルールがあるビール

ドイツはアメリカ人カップルの案内にすっかりお任せだった。2泊目がミュンヘン。この町のホテルは高いということで、それでも立地が良くてリーズナブルなのを探してくれたとのこと。小さな感じのいいビジネスホテルだった。シングルふたつにアップグレードしてもらえた。日曜日だったので飲食店以外の店はすべてお休みで、午前中、有名な白ソーセージを出す居酒屋でビールと名物のそれ。午後は美術館を巡り、夜の食事はビール工場直営のパブへ。ドイツでは朝食からビール付きと聞いていて、そのことを、ドイツによく行っている知り合いに話したら「それはミュンヘンだけ。ミュンヘンでは確かに仕事の交渉だって昼間からビール飲みながら」と言っていた。私達もその習慣に従い、ビールとブランチにしたのだった。店は午前中からこんな具合に賑わっていた。テービルにはビール。もっとも日曜日なのでかも。しかし、酒嫌いな人には苦しくなる光景かも。
f0104169_15574097.jpg
f0104169_15545872.jpg
これが名物の白ソーセージだそうです。1人前でこの量。大きかった。で、それはともかく、一番びっくりしたのは、グラスに付いている目盛りである。ビールは水分の量と泡の量それぞれ。ワインも量をこのように。
f0104169_15390953.jpg
f0104169_15392281.jpg
アメリカ人夫妻によると、泡の量まで決められていて、それを守らないといけないのだそうだ。日本在住も長い彼らは「日本だったら、職人技で量と泡をキメルだろうけど、目盛りを振るのがドイツだよね」と言っていた。合理的というか何というか。夜は、予約が必要で、しかも予約の時間に10分遅れたら取り消しという厳しい店へ。賑わっていた。
f0104169_15400549.jpg
大きなテーブルだったので、たまたま隣り合わせた地元のお兄さんにお勧めを尋ねてみたら、愛想良くためらうことなく教えてくれたのがこちら。夫婦であちこち旅行している、揃って全く飲めない友人が「ヨーロッパに行ってお酒が飲めないってほんとつまらない」と言っていたけど、確かに。その点、ほんと楽しかったです。
f0104169_15410965.jpg

Commented by jun at 2015-09-15 20:30 x
kienlenさん、こんばんわ。私もお酒を少々たしなむ身としては夢のような体験に思えました。きまりに厳しいと言うのも面白いですね。
また、どこでも朝からビールを飲んでいるのではないのですね。案内してくれる友人のいる旅は最高ですね。また、ゆっくり土産話を聞かせてください。
Commented by kienlen at 2015-09-15 22:58
junさん、こんばんわ。ドイツの生活のことは何も知らないのでまた聞きだけなんです。そのまた聞き情報が正しいかどうかも分からないまま書いているものなのでご了承願います。案内してくれる人がいるおかげで自分は付いて行くだけという主体性のない旅でした。またゆっくり話します。忘れないうちがいいですね。
by kienlen | 2015-09-14 16:21 | | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る