日本酒ツアー

一昨日、知人の企画による酒蔵見学と酒宴という催しに誘われ参加した。全国的にもまだ珍しかった頃に女性杜氏になった人が案内してくれた。味噌蔵をいくつも見ていたので、発酵食品としての違いが面白かった。味噌は塩分が高いので腐らないが酒は菌にやられて全滅を3回やったら蔵が潰れるのだそうだ。酒の方が物語がありそう。で、この蔵でもかつて先々代の時代に腐造をやってしまったことがあるそうだ。見学後、お楽しみの試飲。25年ものというのもあり、琥珀色でウイスキーみたいな外観だった。味も極上。高級酒ばかり飲んで感じたのは、いいお酒は変な酔い方をしないということだった。友人に日本酒好きがいて、紙パックのを飲んでいるという話を聞いていたが、そういう酒との違いを聞くことができた。なるほどー。知らないことだらけだと見るもの聞くもの新鮮である。安い日本酒を飲んで悪酔いして日本酒嫌いになる人が多いそうだ、まさに自分。

その後、参加者のひとりのお宅におじゃまして飲食。豪邸だった。ウチが小さいので、どこに行っても大きく感じるがこちらは本物の豪邸。楽しかったけど、それだけに昨日は元気がでなかった。稼ぎのよい夫と、きれいで料理上手な妻。一緒に海外旅行、ボランティアにと仲良しなホストカップルに、家族そろって公務員とか、酒蔵経営は大変に違いないが、何といっても地元の名士という面子。どーして私がここに、みじめ―、みたいな激しい場違い感。もっともどこにいてもそうなんだけど…。そして一方、子どものいない人からするといていいなとか、仲良し夫婦からみたら1人で勝手に行動できて自由でいいなとか、豪邸がないと身軽でいいなとか、思われるかもしれない。いや、そんことないか…。物事って比べてみないと分からないけど、かといって簡単に比べられるものでもないと言いきかせてないと、お付き合いが辛くなったりして。しんみりしててもしょうがないからタイ料理食べに行ったら、そこはそこで別世界であった。
by kienlen | 2015-06-12 08:41 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31