サムライフ

ずっと前に見た映画。上映中は何だなあと思って延ばし延ばしにしていた。ということは、そういうことだ、といってもあくまで自分にとってですけど。百恵さんのファンが友だちにいて、その息子さんが主演だというので紹介したら、映画館に頻繁に足を運ぶというわけではないその友だちも見に行ったというから、それはそれでいいと思った。感想はそれぞれでしょうけど、それに原作本があるので、それに従うとこうなるのかどうかちょっと分からないけど、描き方はもうちょっと、というかかなりというか、何とかならなかったんだろうかと思った。素晴らしい活動だし長岡さんがすごいなと思っているだけに残念だった。目的とかテーマとか、やりようによってはもうちょっと伝えられるのではないかと思ったが作る立場になると難しいんだろうか。それにしてもなあ…。
by kienlen | 2015-05-16 10:22 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー