ソロモンの偽証前編

これは前編を試写会にて。見た直後は後編を見なければと思った。つまりなかなか面白いなと思った。主人公の女の子始め役者が良いなと思った。いきなりのあの場面の映像もど迫力。原作が宮部みゆきで、私はこの人の本を読んだことがない。あんなにたくさんあるのに、なぜか。で、確か娘が宮部みゆき云々していたなと思って聞いてみたら、この長大な小説を読んでいた。彼女にするとどうやら好みからいくと好きじゃない、でも面白い、止められない、ということらしい。まあ分かるような気がしなくもない。

舞台は学校。高校だったかな。そこでひとりの男子生徒が死んでいるのが発見される。自殺で処理されるのだが実は違うのではないかという疑いをもった生徒たちが色々と調査をしていく過程で色々な発見がありさらなる死もあり、大人たちの対応に不満の生徒たちは自分たちで裁判をするってことになり、で、どうなるのーというところで後編へ。結局娘も見に行ったそうだ。私が後編を見に行くのを待っているようだが、私も彼女が行くのを待ってからといううちに終わりそうだ。費用と時間を考えると他にしようかなって思ってしまう。
by kienlen | 2015-04-27 10:28 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31