おみおくりの作法

昨日、友人から突然誘いがあり、久々に付き合うことにした。行き先は新しくオープンしたゲストハウス。最近ゲストハウスのオープンが周辺で続いているので面白い現象として、その友人は仕事がてらで私は好奇心から行ってみただけ。ちょうど暇だし。で、その友人は映画を比較的見る方なので、最近面白いのありましたか、と聞いてみた。真っ先に挙げたのが「おみおくりの作法」だった。ちょっと意外だった。加えてハリウッド映画なんか、みたいなことを言うのだが、ちょっと今までと変わってませんか。好みが変わるのは当たり前とはいえ、やはり、仕事人間だった人が退職した時の変化はより一層大きいのだろうなという気がした。

予告を見て面白そうと感じた。実際見た時は予告の印象と違って、ものすごく静かな映画だった。その中で主役の表情、演技が光る。これを引き立たせるために静かにしたんだろうかと思うくらい。身寄りなく亡くなった人を淡々と弔うという役所の業務を淡々とこなす中でちょっとした出来事が、という感じだったかな。良かったよ、ぜひ見てよ、と人に勧めるというよりも、そっとしておきたいという感じ。それって良くないんでしょうけど。好きか嫌いかと問われたら好きと答える。で、この映画を嫌いな人よりも好きになる人の方が好きであろうことも確か。でもあまりに刺激がないと感じる人がいるのかもしれないなとも感じた。かといってそういう人に会ったわけじゃなくて、見た人は異口同音いいと言ってた。もっとも絶対数は少ない。そもそも映画館にそんなに人行ってないし。
Commented by jun at 2015-04-27 06:28 x
この映画、まだ見ていません。連休までやっていたら観ようかな。
吉川昭は図書館で昨日借りてきました。破獄他3冊ですが、静かながら詳細な立ち上がりにかえって圧倒され3冊同時読みで嵌まっています。いい本の紹介ありがとうございました。あまりはまり過ぎないようにしようっと!書かれたのは「羊たちの沈黙」よりも前ですね。
月末は線量に気を付けながら、福島と茨城に行ってきます。母畑温泉に泊まります。
ドローンはやっていません。(^-^*)
Commented by kienlen at 2015-04-27 10:06
junさん、旅続いてますね。いいなあ。吉村昭いいですよね。確か200冊以上あるはずなので安心(^.^)行ってらっしゃい。
by kienlen | 2015-04-26 12:01 | 映画類 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31