裁判傍聴

裁判の傍聴に行った。15年ほどオーバーステイしているタイ人女性が被告人。知り合いでも何でもないのだが、たまたま日程を知る機会があったので行ってみた。裁判の傍聴は久り振りかな。黒いスーツ姿の人が妙に多いなと思ったら司法修習生のようだった。そっか、そういう時期か。弁護士が若い女性で、こういう単純な事件の割に争いのあるのが珍しかった。入国時、他人名義のパスポートを使ったのだが、そのことは知らなかったという主張。当人も盛んにそれを述べていた。これを知らなかったから無罪になるんだろうか。ちょうど知り合いの刑事がいたので聞いてみたら、そんなことはないよと言っていた。

それにしても、こういう場でのタイ人の話を聞いていてさすがにうんざりするのは、主体性がないことだ。言われてないから知らない、その人に従っただけ…、そればっかり。だからブローカー任せってことになって双方に都合がいいんだろうし、知っていることで危険になるということもあるとは思うけど、ちょっと極端すぎてイライラしてしまった。かといって、しっかり計画立てて、状況任せでない生き方をしてないとおかしいかのような質問が納得できるというわけでもないんだけど、まあそれは法律家の技術ってことなのか、そんなことを考えながら見ていた。形式的で1時間もかからずに終わると思ったら、間に休憩挟んで2時間超。しかも次回に持ち越しに。また行こう。

by kienlen | 2015-04-14 10:37 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30