ハプニング

昨日のこと。ランチを友人と一緒にとった後、ちょっと一件行くことになっていた。自分の立場としてはある人をその友人に紹介というところ。するとランチ中に電話があった。スリランカ旅行を主催した友人で何だか切羽詰った感じで「スリランカのガイドさんが突然来ちゃったんだよ、駅に迎えに来たんだけど」と、説明しながら私の居場所を聞くので、少々離れた場所であるがぜひ会いたいと伝えた。すると、すぐに帰るから時間ないみたいだと言う。細かい事情はともかく、ぜひ会いたい、急いで行くけど時間はそれなりにかかる、でも待ってて、の3点を伝えて切った。ランチの真っ最中だった友人が「食べてる時間なさそう」とニタニタ言い、それを否定もできず、残りを包んでもらい、先方に伝えてあった予定時刻より30分も早く現地に着き、じゃあこれで、とすぐに引き返した。

夫の店で待っているということだったが駆け付けたのにいなかった。待ちきれずに帰ったということだった。たった30分強なのに気の短い方々だ。ただ、その後に連絡がきて駅で会おうということになった。旅行主催の友人はお坊さんで、彼の寺を見学してすぐに戻って来るとのことだった。外国人はお得なJR乗り放題パスがあるから、乗れば乗るほど得なのだ、いいなあ、これ、とずっと思っている。だから急ぎの立ち寄り芸当をしたくなるのだ。新幹線がないと無理だろうな。ともかくガイドさん、というか旅行会社の社長は来た。お坊さんは忙しかったらしく早々に戻り、出発までのほんの15分ほどのお茶。話した内容は日本は子どもの学費が高いけど、お金さえあれば大学に行ける、スリランカは学費はタダなので勉強がすごくできないとお金があっても大学に行けない。どっちがいいかって、簡単ではないな。楽しいハプニングだった。来日目的は旅行会社への営業周り。仕事のことを聞かれたのでモゴモゴしていたら「あなたも何かやりなさいよ」とはっぱかけられた。


by kienlen | 2015-04-08 09:43 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー