とっても面白かった『ウェブ進化論』

梅田望夫『ウェブ進化論-本当の変化はこれから始まる』を今朝読み終えた。とても刺激的で面白い本だった。相当売れているようだが、これなら納得。「…ネット参加者の急増とグーグルが牽引する検索技術の進化は、旧来の権威をつきくずし、「知」の世界の秩序を再編成しつつある。そしてネット上にたまった富の再分配による全く新しい経済圏も生まれてきている。…」と、表紙裏の紹介文にある。この「知の世界の秩序の再編成」がどういうものなのか、私のようにネットについて疎い人間にもすんなり分かるように説明している。著者の経歴、それに考え方もオープンにしているが、それを読めば、この力量が半端じゃない知識と経験に裏付けられているから、ってことが分かる。つまりは、ネットの世界に起こっていることは従来との連続性の中で捉えることはできなくて、それはリアルな世界をも変革することになる、ということ。こういう本を読むと、たった700円そこそこで、ここまで上質な世界を旅することができるのだから、感謝。

特に紙幅をさいているのはグーグルの話。グーグルが画期的なのは「あちら側」だから。ネットの「あちら側」と「こちら側」の2つの世界があって、マイクロソフトとかアマゾンとか楽天、ヤフーなどが、それぞれどういう位置にいて、何を目指しているかの配置図を示してくれる。それも、とにかく優しく親切なので、知識がなくても頭の中に自動的にネット世界のマップが浮かぶようになっている。さらにマニアックな話ではなくて、汎用性のあるお話。楽観的で行動的、という2つの要素をあえて意識的に強調するように努めているようだが、内容が素晴らしかったという感想とは別に、ここまで頭のいい人達だったら楽観的になれるんだろうなあ、というのもまた正直な感想だ。いずれにしろ、読む価値はあると思いました。
Commented by り&x=4651 at 2006-06-02 11:42 x
気になったのでブックマークさせていただきました。
Commented by eaglei at 2006-06-04 16:42
はじめて来ました。本で検索してたどり着いたのです。
僕も同じ本を読んで、同じ感想を持ちました。
世の中、すごい人がいっぱいいるのですね、感心します。
こういう人にこれから感心を持たないと損だと思いましたね。
by kienlen | 2006-06-02 11:40 | 読み物類 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30