寝坊

娘から「寝坊した」「自信なくした」とメールがあった。何でそんなことをわざわざ送ってくるのかと思ったら、バイトの研修の1日目という重要な日なのだった。それで昨夜は緊張する、とか言っていた。娘がそんなヘマをするとは珍しい。これが息子だったら全く驚かない。やっぱりね、と思うだけなのだが。上の子がそうだったものだから、下への期待は本当に小さくてすんでしまう。それがいいのか悪いのか知らない。結局娘は日程を変更してもらい、それからすでにやっているバイト先にも連絡して、そのための休みを取り事なきを得たそうだ。それは良かったとメールしついでに、うまくいっている時にこういう小さな警告があるのはいいことだよ、と意見を述べておいた。

昨年からの彼女はついていたようで、競争率の高い人気の授業に片っ端から当たり、希望したバイトに就くことができた。そこがとっても楽しくて充実している様子。さらにもうひとつ、好きな分野のバイトに応募し、希望者が多いので落ちることもあると言われての、1時間の面接を経て合格したと喜んでいたのだった。彼女は積極的なタイプでもないし、寝る間を惜しんで努力するタイプでもないし、部活やら習い事もしてこなかったので、睡眠はいつもたっぷり、色々やることに慣れていないせいもあって、幾分忙しくなったからといって、このところ少々はじけ気味なのが気になっていた。だからこういうアクシデントはクールダウンのためにもちょうどいいのじゃないかと思った。しばらく同居していた息子は、軽井沢でスノボしてから戻ると昨日出て行った。息子の言動をみていると、娘がこれしきのことで「反省した」というのをおかしく感じる。

by kienlen | 2015-02-16 21:35 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー