こんな日がくるなんて

娘が1泊だけで来ると息子に言ったら「何それ、意味ないじゃん」と言うから「あなたに意味は決められないでしょう」と言っていたのだが、その娘が来た。自炊をしてない息子はこっちに来ると家食中心だが、普段自炊の娘とはよく外で食べる。今日は山へ蕎麦食べに。いつも長い行列ができる店もさすがに真冬は行列なし。東京の人も来るので話のネタに行ってみますかということで入った。うーむ、どうしてここが人気店なのかなと感じた。しかもひどく高い。名前を売るってこういうことなんだ。まあ、前にも話のネタに、ということで来てちっともいいと思わなかったのに繰り返しているんだからバカだ。

それから付近の喫茶店でケーキセットで話をしてからずっと雪道をドライブ。どこもエンカルまいて乾いているので雪道が怖くなっていた。家に戻ると夕食時だった。息子に聞くと、もう食べたと言って出かけたので、娘とありあわせを食べる。ニコニコしながら「ひとりじゃないっていいなあ」と言う。女の子はこんなことを言うのだ、と思いかけて、自分がまだ女の子だった頃は言いませんでしたと思い直した。食べてから本題に入った。帰省の目的は本棚を見て目ぼしいものを持ち帰ることだった。それと、書店のバイトで社割のきく彼女に頼んであった本を受け取ること。あれこれ話しながらあっという間に2時間過ぎた。選んだ本が山積み。どうやって持ち帰るんだろうか。そこに息子が帰宅。徹夜マージャンかと思ったら帰ってきたのでびっくりした。

Commented by jun at 2015-02-04 06:09 x
少し大人になった子どもとの対話とデート、いいですね!予期しなかっらなおのこと。
「慣れたら」は変換ミスでした。でも理想の様に振る舞うのはいいと言われますよね。
いい指摘有り難うございました。
Commented by kienlen at 2015-02-05 10:09
junさん、おはようございます。自分が母と価値観が違い過ぎて話にならなかったので、同じ思いをすることを覚悟せざるを得なかったので意外なおまけ、ありがとうって感じですね。
by kienlen | 2015-02-01 22:49 | 家族と子供の話題 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー