ナビがないから楽しい

某社のモデルハウスに行かなければならなかった。地図で当りをつけたが、分かりにくことが予想されたので早目に出た。やはりひじょうに分かりにくい場所のようだ。それでもこの辺かと思われる付近で、家の庭に出ている女性がいたので車を止めて聞いてみたら「もっとあっちじゃないかしら」と言われてそっちの方に行ってみたら、道路工事で通行止めになっていた。えー、と思ったら車の通りを止めている交通整理の男性が近づいてきて「どこ行くの」と聞くから「迷っているんです」と告げた。それでも「だからどこ行くのか」と言うから一応言ってみたら「それはウチの現場だな。すぐそこだけどこっちから行けないから反対側から行って」と具体的に教えてくれた。何ってラッキー。くれぐれもお礼を言って反対側に回り込んだ。

すると反対も通行止めになっていて同じように止められた。ただし止めた男性は別の人。そこで「あっちの人にこっちから入れと言われました」と言うと「ダメダメ、あっちの人は地元民じゃないから何も知らないんだから」と言う。えー、何それ。それで今回のこの人はまた全然違う場所を教えるのである。昔昔ラオスに行った時、道を聞くたびに違う方向を示されて、暗くなるしすごく心細かったことを思い出した。あの時、一体どうしたんだっけ…。まあ、今無事でいるから無事だったのだ。ここは日本だし車だし、ともかく行ってみることにした。それに、自分の勘ではこの人の言い分が正しいように感じられる。で、結局そこは最初に自分が行こうとした付近だったのだった。

by kienlen | 2014-10-31 14:40 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30