古本カフェ

出先でランチだったので現地の知人にいい店を予め質問してみたら、候補を教えてくれた。ひとつが最近できた古本屋兼カフェだった。ネットの情報を見る限りひじょうに興味深い。先日別の地で行き着けなかったので今日こそは、である。まあ今日の場合はしょっちゅう行く所なので場所は分かる。早めに家を出て、まずラーメンを食べてからその店に行ってみた。いいなあ、大学のある町は。これは先生方の蔵書ではないでしょうか、みたいな感じのセレクション。それで、亡くなった恩師を思い出した。この一角もしや、と本気で思った。コーヒーを頼んで長居したが、とてもいい店だった。

こういう店、近くにあったらいいのにと思った。お酒もあるのだ。これだけ重厚な古本に囲まれて飲むのは楽しいだろうなあ。人をアテにせず自分でやればいいのだな。そういう気にさせてくれる店だった。本の選択でこんなに共感を覚えた店は初めてだった。戻ったら夜になっていた。とてもそのまま仕事に入る元気なく、ネットで集客する方法を学ぶ勉強会へ行ってみた。別に集客もしてないのに。知り合いが何人かいた。講師は若い人。がんばっているんだなあって感じはしたけど、基本、答えはひとつ的な感じがどうも苦手だった。もっと自由でいいんじゃないかなあ。最初からネットだと、比較対照物がなくて意外に自由度を下げていたりして、みたいな感じをもった。おかしなものだなあ。ちょっと不思議だった。
by kienlen | 2014-10-28 22:20 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー