ドライブ日和に

f0104169_07413446.jpg
日曜日に父が野菜をもってきてくれた。一段落というわけではないが、ちょこっと区切り感があったので、天気もいいしドライブしようかと言うと、忙しいから無理だと言っていたが、何をそんなに忙しいのか聞いたら小豆を叩くとかいうので多少先延ばしでもいいのではないかといって、結局ドライブすることにした。鬼無里から白馬に抜けた。北アルプスの頂には雪がかかっていた。紅葉もきれいだったが、まだ里山は青い。ここが紅葉になっていたらいいのにと思いつつも、まだ夏っぽさと雪が一緒なのもいいかと思った。何でも認めるのである。加工したらすぐに紅葉になるんだろうな。

昼はソバ。その前に知り合いの店でおやきを食べた。ものすごい繁盛ぶりに驚いていたら、先週の方がもっとだったと言われてさらに驚いた。人って、いるところにはいるんだと感心。そうそう新宿の混雑なんかすごかった、この間。里は22度もあり、山に行くとすぐに5、6度下がり、白馬など14度に下がった。そして戻るとまた22度。いっぺんにこんな変化を味わえるのはこういう場所ならではだ。白馬はシーズンに向けて準備期間という空気を何となく感じた。今の自分なりは何の期間に当たるのか。父は小豆を叩きにすぐ戻った。柿が豊作なのに取るのを手伝ってくれる人がいない。何とかなったら行くと言ったが、何とかなる見込みはどうも今のところ怪しい。

by kienlen | 2014-10-21 07:57 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る