ウサギ大往生

昨日の朝、ウサギの様子を見たらいっそう弱っていた。遠くで仕事だったので励まして出かけた。金曜日の授業が終わったら来るといっていた娘からバスの予約をするというメールが来たので、キャンセル可能な予約にしてくれとメールしてから、つまりそれはもうそこまで持たないと感じたからなのだが、今日来たらどうかと提案したら金曜日の授業を休めないという。でも新幹線で行ったら充分間に合う時間。ここはもう片道新幹線ってことで昨日の夕方彼女が来た。私も出先で少しゆっくりしたい気分を我慢して帰宅。ココアはまさに虫の息で生きていた。全身ぐったりで鼻だけぴくぴくさせていたが、そのうちに口を開けてグっと微音を発した。

早く娘が到着してくれないと死に目に会えない。バス停に車で迎えに行くのがいいのか、夕方のラッシュ時間なので歩くのがいいのか迷っていて、そうだココアを車に乗せて迎えに行けば間に合うと確信して連絡したら、パパに頼んでもう車に乗っているという連絡。誰がどういう連絡を取り合っているのか知らないのでびっくりしたがしょうがない。娘から、あと1分で着く、というメールが来た頃にココアが息を引き取った。土の上にいさせるのがいいのか抱っこしているのがいいのか迷って抱っこしたところだったが、夫がそれを見て、あのままにしておいた方が良かったのではないかと言った。それでもまだ温かいうちに娘が着いて良かった。冬の終わりに咲くはずの山茶花がちょうど2輪だけ不思議なくらいに一番美しく咲いていて、それを手向けた。じょじょに弱っていく様子を見ていられて最期も見ることができたので後悔はなし。夕食後、バイバイして娘と庭に埋めた。今朝は彼女は東京へ、私は出張へ。

Commented by jun at 2014-10-10 21:46 x
ココアちゃん、ご愁傷さまでした。看取ってあげられたのは良かったですね。娘さんも駆けつけてくれて。
ここ数日の臨終の様子は、感動的ですらありました。
実際には毎日、生老病死が回りにはあるわけで、少し鈍感な私もその様な気付きを持っていたいものです。
庭に埋めるのも自然でいいですね。
Commented by kienlen at 2014-10-12 10:09
ありがとうございます。看取れたのは良かったです。まだ習慣で草が気になります。一度行方不明になった時の気持ちを思い出すと、突然いなくなるのは喪失感が続くように思います。凛々しい黒猫ちゃんを見にまたうかがいます。
by kienlen | 2014-10-10 20:27 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー