気が短い方じゃないけど

気が短い方ではない。そんな自分がイライラするというのはどういう時かというと、今日のような時だ。相手はその分野独占の会社で、地域の有力企業との結びつきが大変強い。で、これまでも嫌な思いをさんざんしているのでもう関わりたくないと思って色々キャンセルしてすっきりしていたのに、間接的に関わるだけかと思っていたのが甘かった。そこから、ウチに預けてあるブツを取りに行くのでいつがいいか連絡くれというハガキがきたのだ。確かに出入りが激しいので何度か電話をもらっているなら申し訳ないなと思って電話した。してからアアと思った。自分のこの忘れっぽさにだ。ここに電話したり直接会ったりして嫌な思いをしなかったことはない。このブツを取りに行くのにどうしたらいいか、というだけのことなのに、どうして話が進まないのだろうか。イライラしはじめたところで「担当に代わる」と言うので担当がいるなら最初から代わればいいのにと思って期待した。

そしたらもっとひどかった。ハガキが来ているから電話したと再度説明。ありがとうございますの言葉もない。コールセンターのマニュアルも腹が立つが、まだマニュアルに従って努力しているんだなと、こういう比較対照例があると感じられる。当方何度も繰り返した。出入りしているので何日の何時にいると約束はできない、お宅の会社のあたりはいつも通るのでこちらから持参しますか、と。いずれにも明確な返答ないので、それは不都合ってことですかというと、そうらしい。こんな電話で5分くらい話した。携帯に電話して都合を聞いてから来る、という提案をこちらからしてやっとおしまい。こんなの、通常ならショートセンテンスで3往復ですむでしょうに。今時こんな対応の会社が生き残れる理由はたったひとつに違いない。ちゃんとやっているところの邪魔をしないで欲しい。おかげで1日気分が悪い。そしてこんなこと書いている。
by kienlen | 2014-10-07 18:54 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る