3代

父が来て、いつのまにか年寄りになってしまったと言っていた。多分そんな感じなんだろうなというのが想像できる。このままいくと、あっという間に父の年齢に、生きていればなりそうだということを実感できそう。だって、一段落したら事務所を模様替えと決めてから多分3年。一段落したらやろうと思っていることがあれもこれもあるのに何もできないまま一体何年。そして毎日衰えていく。この間、さほど年齢の違わない友人が、この頃仕事来ないのよね、と言うから、だって発注先にしたら若い人を育てないとマズイでしょう、と言ったら、ずっと私に来ると思っていた、と言うのだった。それはまたおめでたい発想ですな、と言ったら、シニカルねと言われた。年齢は残酷ねと言うから、その通りだと、これは認めた。でもこれほど平等なものもない。

父は日記などの処分を始めているようだった。もうじき85歳だ。それで田舎で淡々と一人暮らしなのだから立派だと思う。90を超えた父の兄がとうとう施設に行くことになったと言っていた。夫婦でボケているのはさすがに見切れないからと、息子が、つまり私にしたらいとこが伝えに来たとのことで、それはそうだと言ったという。お昼を近所の店で食べることにして息子にも声をかけたら、自動車学校の送迎バスに乗らなければ時間があるというので、父が送ることにして一緒に食べた。こんな時間くらい仕事のことを忘れて機嫌良くしていたいと思うくらいには成長したようにも思うが、切迫感からの解放は難しい。戻ってメールを見たら仕事関係の方から、連休明けでいいですか、という返事がきていた。官的民の組織の人。はい、と答えてカレンダーを見たら、連休っていつのことだ。やっぱり平等なのは、みんな歳を取って死ぬってことだけだな。

Commented by jun at 2014-09-20 07:07 x
他人事と思っていたら私も、勤め人なら定年退職の年を過ぎていました。まだ55歳定年もあると知った次第。先日、通販の広告で『シニア割』があり、関係ないと思っていたら55歳以上とある。
娘さんの時代感覚、面白いですね。
本もたくさん有り難うございました。
随分喜ばれました。まだ大分あるので大切に使わせていただきます。
『煩悩も あって静かに ただ座る』
『こうあれば とは思わずに 聴き終える 聞けない時は その場離れる』
近作のうたです。回文ではありませんが。お恥ずかしいですが自戒ですかね。
では。
Commented by kienlen at 2014-09-20 09:30
junさん、ごきげんよう。そのうたに笑いました。それ印刷しておいて、そうなった時に相手に渡してそっと去る。押しつけちゃってごめん。チラシ代わりでお願いします。近々また行くかも、時計の修理。
by kienlen | 2014-09-19 23:16 | 家族と子供の話題 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31