ご近所のカフェ

少し前、近所をブラブラ散歩していたら普通の民家をカフェにして開店準備中らしい光景を見かけた。それから開店したという噂を聞いた。ご近所だから行ってみるのもいいかなと思ったが、コンセプトがまったりできる、みたな感じだったんであんまり行く気にならなかった。まったりしたい願望ないんで。で、今日友人とランチをすることになった。いつも行く店は定休日。このいつも行く店がほんとに便利なので困る。どこにする、どこにする、と電話で話していても電話代がかかるだけなのでとにかくウチで落ち合うことにした。というか、迎えに来てもらうってこと。それまでにどこにするか考えておくことにしたが浮かばない。最悪、回転ずしと言おうと思ったら先方から、そのご近所のカフェはどうかと言われた。OK。

友人は建築士である。入って「すげえ」と言う。何がすげえのかと思ったら、ここまで手を入れずに普通の家をそのまま店にしたことについてだった。初期投資なんてしない方がいいでしょう、と私は言った。民家カフェというのを古民家カフェとその彼は勘違いしたようだ。しかし、若い人だったらこの程度でも古民家になるんでしょうか、と思うとちょっと複雑。それで食事は一種類のみ。味噌汁の具が八丁きゅうりであることの説明があったので「味噌はどこのですか」と聞いたら「…普通の味噌」と言われた。なんか、これなら自分も店、できるかもとちょっと勇気がわいた。
f0104169_20060636.jpg

by kienlen | 2014-09-01 20:28 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30