恐ろしいというか

娘は、よく食事を作っていて、それを写真に撮ってよく送ってくる。ベランダで作ったミニトマトやピーマンも活用している。昨日は「ナンプラーでタイ風にした」というコメント付き。恐ろしいなと思うのは、ますます夫が作る料理にそっくりになっていることだ。炒め物の汁の感じとか、盛り付けとか。多分味もだろう。店をやるようになってから夫が家で料理をすることはほとんどなくなってしまって、それからもう10年以上にもなると思うが、それまでは料理は夫がやることの方が多かった。タイ料理でなくたって彼の方が格段にうまいのだから自然に。

私が料理ヘタなのはもちろんあるが、それを差し引いても、子どもの頃から基本から手作りしていた人は違うとつくずく思う。バンコク在住時に、夫の実家に帰った時のお土産が市場の豚肉で、家に着くなり油を取っていた様子は忘れられない。基礎調味料から手作りなのだった。子育て、、後悔してもしょうがないが、やはり親はもっと手をかけるべきだったのかと思うことはよくある。とんでもなくかわいそうなことをしたような気もしている。今更しょうがないが、時に妙に感傷的になるのだった。




by kienlen | 2014-08-30 21:55 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31