仕事のついでの寄り道で面白いもの発見

車で1時間少々の場所でちょっとした仕事。いつものごとく短時間でおしまい。絶好のドライブ日和だったのと、午前で用事が終わって時間的に好都合だったので近くの温泉に行くことにした。人が集まる場所が苦手なので温泉は昔は嫌いだったが、誰もいない山の中の露天風呂を経験してから好みが変わってしまった。月曜日のちょうどお昼時ならすいているだろうと期待して少し山手に入る。以前に1回来たことのある、見晴らしがいい中規模の温泉施設で入湯料金500円は、まあ良心的に感じる。期待通り、客は数人に満たない。浴槽が数箇所あるのだから、大浴場も露天も独占で気分がいいのだが、かといって温泉に浸って長時間リラックスできるというタチでもない。自宅の風呂でも読書を兼ねているから長くなるだけで、それなしで長風呂はできない。温泉で読書というのも…でも、次は挑戦してみよう。

農業の盛んな地区で、有名人の農場やレストラン、ワイナリーも近くにあるような豊穣の地。敷地内にはレストランと、地場の農産物を販売する売店がある。そのレストランで食事して、なんとなく売店にも寄ってみた。アスパラ1束80円、青菜類も同じ。玉ねぎ4個100円。その他いろいろ。父親の趣味の農業で野菜はほぼ自給できるとはいえ、こういう所に来ると購入したくなる。アスパラと玉ねぎと人参の会計をしている時に、ふと気が付くと、横にダチョウの卵があった。初めて見た。鶏卵と一緒に並んでいるのだが、長さが15センチくらいあるから、1個だけなのに、やたらに目立つ。で、値段は3000円。その他の販売物に比べたら破格である。レジの人に「どうやって食べるんですか」と聞いたら「どうやって食べるんでしょう。目玉焼きってわけにもいかないよね」と言う。こんなの、いくらオメメぱっちりの人の目玉を想定したところでほど遠いサイズだ。「これ、買う人いるんですか」と聞いたら「前に1人いましたよ。でも、どうやって料理したか知らないね」と言う。生鮮食品を扱っているのだから調理方法も教えて欲しいものだが、こういう場所だったらそれも許せるなというロケーション。ちょっと凝った料理屋でダチョウの肉を勧められて食べたら美味しかったので、この辺で売り出しているのかと思って尋ねたみたが「ダチョウはいるけど肉を売っているかどうか知らないねえ」だった。産み手がいるから卵があるんだろうけど、商売っ気がないというか。
by kienlen | 2006-05-22 23:16 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31