アクト・オブ・キリング

予告で見て、見たいなと思っていたドキュメンタリー映画。夕方早目からの上映だった先週は行く時間がなかった。今日の夕方、届け物を兼ねて1時間ばかり歩こうと思い立ち、だったら夜に何かあったら見ようとチェック。この映画が7時から上映ということだったので見ることにした。観客が10人ほどもいた。インドネシアで1965年に100万人規模の虐殺があったそうで、それを行った人が主人公という、それだけでびっくりな映画。しかも、その主人公が当時行ったことを再現するのである、自慢気に。自分たちで振付を考えたり、娯楽の要素もないとねと言ってそういう要素を加えたりもしている。しかし怖い。正規軍だったら規律があるだろうけど民兵が政府とくっついて殺人を行うのだからどうしようもない。

インドネシアは嫌な思い出がある。それで1度だけ行って以降、行きたいと思わないでいる。もっともバリ島だけは興味があるが。あの時も、実はバリ島に行きたかったけど航空運賃が高くてジョクジャカルタで妥協したのだった。ジャカルタの空港からホテルまでのタクシーとトラブルになり、ホテルとトラブルになり、予約したはずのジョクジャのホテルでは予約がないと言われ、どこもかしこも感じが悪かった。その後、バンコクで一緒に働いていた人がインドネシアに投資するという人の誘いで行ってとんでもない目にあってタイに逃げ帰ったということもあった。映画と関係ない話だが、こんな歴史があったのだと思いながら見た。北朝鮮収容所のドキュメンタリーと重なる部分があった。



by kienlen | 2014-06-28 23:01 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30