連絡ない人からありある人からないと

昨夜、息子から電話があった。このところも何度か電話しても取ることがないので、達者で留守なのかどこかでどうにかなっているのか分からなかった。とりあえず生きていることは確認。で、何かと思ったらお願いがあるという。ますます何かと思ったらもちろんお金だった。バイトだけではやっていけないという。しばらく金の無心がなかったので、とりあえずひとり片付いたと思ってかなり使いまくっていた自分だったので、ちょっと嫌な予感。金額を聞くと毎月5万という。えー、そんなにですか、と言った。申し訳ないという。全部貸し付けだからね、と念を押すと、分かっているとすごく簡単に答える。生きているうちに返してよね、と言うと、月々2000円とか返していたら死んじゃうよね、ははは、と笑っている。

で、こういう息子と話した後、酒を飲んで酔っ払っていたら夫から、娘が電話に出ない、という電話があった。昨夜嫌な夢を見たので心配だ、と言う。そういえば自分も夕方彼女に電話していた。息子と違って娘はよく連絡をくれるし、毎日電話していたという夫がしばらく電話しないと、そのことで電話してくるくらい。これはこれで、どうかと思うが、さすがにこのところ頻度は落ちていて、私からは用事でない限り電話してないのが夕方ふっと珍しく電話したことも気になるといえばなる。夫は息子にも心配だと電話して、心配するなと言われたそうだ。息子からは私も過保護だね、と言われている。そうかも。最終的に、家にいるよという連絡がついた。携帯ですぐに連絡が取れる時代じゃなければ心配なんかしようもないのにな。それにしても息子への仕送りをまたするって過保護ってことかなあ。返済額2000円は本当に困る。

by kienlen | 2014-06-14 09:49 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る