仕事はかどらないからコンサートと動画

昨夜、財津和夫コンサートに行った。チケットが入手できたので友人を誘って。財津さんはいきなり年齢を明かした方がいいだろうと言って、66歳だと言って、それをネタにしたトークが多かった。会場の年齢層は全体に高かったので面白かったんじゃないだろうか。これなら最初から立つこともあるまいと思っていたらその通りで、最後の方だけ一緒に歌ってとっても楽しかった。自転車で戻る時にばったり友人に遭遇。財津さんの県内のコンサートは追っかけしているそうだ。それにしても日中さっぱり仕事ができなかったので気持ちは暗いままだった。ずっとその状態が続き、そして多分これからも続くのだ。はあ、持ちこたえられるんだろうか…。

というわけでコンサートの後にできるというような器用さもなく、何やっているかなあとGyaoを見たらアイヒマンの、イスラエルでの取り調べ資料に基づいた映画というのがあってみてみた。ヒトラーの審判、アイヒマン最後の告白というもの。アルゼンチンで捕えられる場面から始まるのはこの間のハンナ・アーレントの出だしとそっくりだった。それからは取り調べ官とのやり取りからアイヒマンがどんな男だったのかが浮かび上がる、というだけならそれだけだけど、取り調べる側の事情も大きなポイント。アイヒマン役がそっくりに感じられた。尋問の場面が主でたまに回想シーンが入るという構成。誰でもこうなるのか、誰でもでなくする一線が何なのか。時間もコンパクトで自分としてはひじょうに面白かった。こういうのやってもらえるの、ありがたいな。
by kienlen | 2014-04-20 09:24 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る