決意のいった古本

あまり迷わない性格だと思っているが、これは迷った。1万6千円の古本。自分の中で検討していた。1万以下ならそんな迷わないと思うがさすがに高い。でも必要性は高い。でも必要な期間は短い。そして図書館にはある。だったら図書館で済まそう。ということで何度か借りたのだが、激しく不便。付箋を貼ってははいで返却する時など、何のためなんだ、とがっくりする。もしかして実書店でもっと安く売ってないかなあと思って、よく行く古本屋に寄ってみた。書名を言うと、これだな、といかにも古本屋の主という風情の主が出してきたのがそれっぽかった。さすがだなあと思って見たら微妙に違う。やばー、こっちも欲しい。価格は1万5千円。なんと…。ちょっと違いますが、と言うと、えー、てっきりこれかと思っていたと、古本屋の主に言われて妙な優越感を覚える。変なの。それで欲しくなるんだから新種の販売促進手口にのったような気もするが、お目当てのは現物がなくて、調べてもらったら2万円だった。

結局ネットで注文した。結構な決意だった。コメントには箱は経年変化で古いが中身は問題なし、とあった。自分の年齢よりは少々新しいくらいなもんだし、使うためのものなのであまりこだわるつもりもない。それを選んでみた。そして昨日届いた。値段の割に小さい、って変な感想かな。開けてみると箱入りだった。箱から出そうとしたがどうにも出ない。これはもう、1度箱から出してパラパラと見てそのまましまい込んであったのを、じゃまになったかで古本屋に売ったに違いない。あるいは持主が亡くなって処分したか。他の事では気が長いがこういうのは短いから、箱は破った。全ページがくっついていたらどうしようと不安だったがそれは大丈夫だった。しかしネットでのコメントは本当かな、とても中身を確認しているとは感じられない。本の気持ちが見えるもん。誰にも見られずにしまわれているよりは自分で使ってあげる方が本にとってもいいかもね、良いことをした、社会貢献だ、と思うことにする。
by kienlen | 2014-03-19 07:22 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31