寒いけど楽しかった

しばらく前のことになるがイベントに参加した。主宰しているのが知人で、そんなに大々的に参加を募集しているわけではないイベント。森の中でその場にある木を使って必要なモノを作り、主宰者であるハンターが捕ったシカを解体して料理して食べるというもの。夏だったらすごーく面白いと思うけど、極寒なのが残念、というっても狩猟期は今なので夏にできるわけがない。
f0104169_19401951.jpg

こうしてシカを運ぶ、なんてのは無理で、重たいのですぐに挫折してソリに載せて運んだ。3頭か4頭いたと思う。すでに内臓を抜いてあるのでふっくら感はなかった。ちょっとした里山かと予想していたらかなりな山の中でこんな雪道を久々に歩いた。子どもが小さければ連れて参加したいイベントだった。ということを考える人は多いのだろう、大方が若い人で子連れ、犬連れも結構いた。木こりさんがいて見事に木を切り倒してシカを吊るすための仕掛けを作った。そこにシカを吊るしてハンターから解体方法を教わりながら解体。ソリも雪上も血だらけ。
f0104169_19481674.jpg

私は野菜を切る方にした。冷たくてほんと辛かった。あの寒さって多分マイナス10度は超えているだろうなと思った。でも若い人達は驚くほど薄着だったから寒さを感じるのも年のせいだろうか。たき火は立ち枯れの木で。周囲にはベンチを巡らせたがこれももちろんその場で手作り。森と獣を生かそうというのがイベントの趣旨。こうして人類は生きてきたんだなという感じに浸った。森の中で生きていく技術のある人はいいなあ。都会から山の中に移住してきたというカップルがいたり、こういうイベントだから逞しい人ばかりだった。楽しかった。
f0104169_1956446.jpg

by kienlen | 2014-01-30 19:57 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31