大晦日の記録

息子の携帯は止められたままで消息が分からなかった。ずっと前に、2日に帰るようなことを言っていたから気にはなっていたが、掃除もしてないし寝る場所あるのかなと思っていたら、今になってLINEで連絡があった。今から新幹線に乗るそうだ。唐突ですね、と返事をしておいた。当方、娘は勉強中だし私は仕事ひきずっていて世間が正月休みのうちにこのキリを晴らしてしまいたいところだし、夫はもちろん店だし、誰ひとりとして特別な気分になれる人がいない。いずれにしろ息子がなんとか無事でいるらしいことはLINEで分かった。といっても状況的に無事なのかどうかは不明。それにしてもLINEって携帯止まっていても使えるのは便利だし、外国の友だちとのやり取りでもほんと便利。

今年を振り返って最も印象的なのは、友だちを何人か失ったこと。失ったというのは、関係が途切れたということで、しかも自然な形というのと違うので、どうしてこうなったのかまことにすっきりしない感はあったが、しょうがない。よって人間関係は静かになった感がある。その静かなのを想定して今後を想定してみても、それはそれで分からないしなー。夫がタイで事業をしたいようなことはずっと言っているから、いつも、行けばーと言ってはいるが、教育費がかかるので簡単に決断はできない。しかし、これで娘も家を出るとなると時間的には全く自由である。家にいる必要もないんだから、今日は「責任感あって仕事人のコックさんがいれば私がサポートしますよ」と言ったのだ。すると「考えてる。タイから誰か連れてくるしかないかな」「でもそれだと日本に慣れるまで時間かかるし、言葉もできないしね」と言うと「コックさんで言葉できる人いない、必要ない」と言われた。そうだ、私はタイ語ができるのでした。便利だなあー。さて、息子は卒業できるのかどうか、もう分かるだろうからここで番狂わせないことを願うが、まあ、しょうがないですね、何があっても…。
by kienlen | 2013-12-31 20:21 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31