歩く人が少ないからか歩く魅力に乏しいからか

午後に少しの仕事のため現地へ。時間があるので自転車ではなくて日傘を差して歩こうと思って外に出たら、日傘より雨傘の方に近い天候になっていてそっちを持参する。歩くのは好きだが、ここは歩いて楽しい環境でないのが残念だ。コンビニとフランチャイズの店が多くて独自性を感じない。例えば行政のナントカ計画など、海なし県に海が出てきたり、つまり製作請負元が標準化されたものを使用していることがバレることがあるが、没個性な町の様子を見ていると名前を変えても気付かないんじゃないかと思ったりする。利点といえば、立ち寄りたくなる店がないから物欲が刺激されず、安心してキョロキョロできること。でも、いずれにしろ必要なモノと食べ物は買うのだから地元で消費して地域貢献したいと思っても、惹かれないのである。それで洋服や雑貨は通販を利用することが多くなってしまう。今日も、寄ったのは本屋だけだった。

仕事先に着いたら担当者が「今日はお車で?」と聞くので「いえ、徒歩です」と言ったら「お近くなんですね」。「はあ、1時間位ですね」と言ったら、しばし沈黙して「す、素晴らしいです」と言う。これは褒められているのだろうか。帰路にイギリス人のJさんが子供を自転車に乗せて走っているのを見かけたので呼んだら止まって挨拶。彼にはよく偶然会うのだが、それもそのはず。歩きや自転車の人の絶対数が少ないので会う頻度が高いのだ。いわゆる中心市街地に巨大な建築物が建とうとしているから何かと思ってみたら駐車場だった。市長は文化人的側面を感じさせないビジネスマン。官から民へ、の国の掛け声を忠実に地方行政で率先して実施している人で、話を聞いている限り、そこに迷いが感じられない。このような地方都市では市街地だって土地の値段は知れたもの。郊外型の手法を市街地に持ち込むということなのだろうか。行政文書には「うるおいある町」なんて言葉が散りばめられるが、ここに駐車場とは、ドライこの上ない。この場所まで車で来なくたって、郊外に駐車場を作ってバスを走らせるなり散歩コースにするなりにしたらいいと思うけど、消費者側も歩くことに魅力を感じないなら空論でしかないか。
Commented by ݕP at 2006-05-07 20:41 x
X|W{uDȎ낵肢܂
Commented by Yuu at 2006-05-07 22:08 x
仕事で出入りしている幼稚園が方針として40分程度の徒歩で園児を通園させています。園児を保護者に引き渡す場所まで理事長、園長以下職員総出で送り迎えしているようです。その結果かどうか、クラス崩壊なし。風邪ひきもほとんどなし。昔の健康な子供が思い出されます。
その対極に、分刻みのスケジュールで子供を車に乗せて習い事に通わせている人が増えているのも見ています。20年、30年後それぞれどんな人になっているのか・・・。長生きして見届けたいような、怖いような・・・。
Commented by kienlen at 2006-05-08 23:51
比較対照調査していただきたいですね。でも、どっちが多数になるかの問題のようにも思います。子供が立って歩けるようになった時の嬉しそうな笑顔を思うと、それができる身体状態であれば、歩くのは基本だと思えるのですが。
by kienlen | 2006-05-07 20:40 | その他雑感 | Comments(3)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー