タイのドラマをついつい

昨夜はユーチューブでタイのドラマを見ていたら面白くてつい最後まで見てしまった。どうやらシリーズものらしいが、1本に留めておいた。英語のサブタイトルがついていたから外国を意識しているに違いなく、そして内容的にもそうらしかった。つまりタイといえば有名なあれである。舞台は大学の寮がほとんど。いかにもタイの中流階級の娘って感じの女の子が寮の2人部屋に引っ越した日、同室の子が男みたいなのにびっくりする。これがひじょうにハンサムというか、カッコいい。うざいので最初はいい関係ではないが、どうも気になるようになる。大学に行く時はハンサムさんもスカートをはいていくから、男がからかう。それを同室女子はかばったりする。そこに別の女の子がハンサムさんにアプローチしてくる。

で、三角関係みたいになるのだが、このハンサムさんの悩み方というか、これがとってもよろしい。ナチュラルでピュアで優しい。あんたはトムなの、と聞かれて「分からないよ、自然に女の子が集まってくるんだもん」と答える。その通りなのである。自分からアプローチするわけでもなく、ただ周囲がわいわい。でもそのうちに自分の気持ちに気付く。この同室の子がどうやら好きらしい。そして彼女の方もどうやらそうらしい。それは楽しいのだけど、女の子の母親が出てきて複雑になる。世間の目ってやつの象徴である。他にも性別不明みたいな人は出てくる。これはいかにもタイ。単純なお話だけど、結構面白かった。外国向けにアイデンティティを持つとすれば、この路線はありだろうな。日本がおもてなしとか言うのと同じで。私はあのプレゼン、わざとらしくてかなり苦手だったけど、今日風呂の中で読んだ雑誌におもてなしの意味は本来「持て成す」で、特別のことをするんじゃなくて持っているもので成すことを言うのだそうだ。あれ、違うんじゃない、っていう趣旨だった。タイでこういうドラマが多いのは違和感ない。現実なんだから。あの包容力はアピール価値があると思う。今夜も見ちゃうかも。
by kienlen | 2013-10-31 20:16 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31