楽しかった

朝、今日こそ仕事しないとマズイと本気で思った。その気になったところに電話があった。年配の友人。「家の前にいるんだけど」と言う。寄ってもらってお茶にしてもいいけどあまりの乱雑ぶりにさすがに勇気がなく、外にお茶飲みに行くことにして、共通の知り合いの喫茶店に行った。午後は外仕事があるので本日の目的がおじゃんになることを半分覚悟、でも夜がある…などと思いながらの半端な気持ちを引きずりながら。で、喫茶店でマスターと話していたら30年ぶりかと思うくらいの知人が入ってきた。それで一緒にお話し。そのうちにマスターが、今夜素晴らしいコンサートがあるから招待券をやるから行くようにと言う。こういうのを断る勇気がまたない。ありがたくいただく。

年配の友人と夫の店でランチを食べ、私はそのまま外仕事へ。これが予定よりずっと長引いて、しかも珍しく充実感あり。コンサートまで1時間ほどしかないので家に戻らず、夫の店で食事してそのまま会場へ。なかなか面白い内容だった。帰ろうと思ったら知り合いが何人もいることに気付いた。で、どっかに行くかという話になった。近所の店で皆さんは食事。食事の済んでいる私はビールを注文。6人のうち、初対面はふたり。2時間ほどしゃべっていたのだが、大変楽しい時間だった。6人全員での会話がどれも空虚でもなく、時間稼ぎでもなく、話すための話しでもなく不思議な充実感があった。それぞれがひとりふたり初対面がいるという感じのズレ方とか、似たような仕事もあれば違うのもあればというズレ方、年齢層も微妙なズレ方、そしてそれぞれ微妙な重なり方。楽しかったねえ、で別れた。社交辞令って感じでもなく。
by kienlen | 2013-10-28 23:06 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー