『安部公房とわたし』

山口果林著。単行本で買ってしまった。そしてちょっと後悔。ネット注文だったからなあ。何で買ったのだろうか。一番は娘との会話によく出てくるから。次が、昔、安部公房が好きだった。そしてネットでの評判が良かったから。まあ、後者はかなり自分の好みとずれていることが多いのではずれは予想済み。すごくつまらないというわけじゃなく、ちょうど自分にも分かる範囲の時代なので面白い点は多々あった。最後まで読むには読んだ。手放しで面白かったと感じられないのは、安部公房の小説が昔好きだったという程度でしかないこと、山口果林って名前は知っているけど、程度でしかなく、演劇や芸能界に特別な興味があるわけじゃないからだろうか、もっともっとファンだったら違うだろうと感じた、つまり、内輪受け的なエピソードが多いと感じられた。それと文章がいまひとつすっきり感がなくて、読むこと事態に結構な負荷がかかった。本を読みなれていないというわけでもないんだけどな。書き方を変えたらもっと惹きつけられるものになるんじゃないかなあ。安部公房という人が随分とつまらない人になっているんだけど、確かに今でいうところの不倫な関係であるから、そこで見せる部分というのはこういうことかもしれないけど、ホントにこうなの、みたいな感じを拭いきれず。もうちょっと脚色しても良くないか。

しかし男と女の関係という意味ではある種、理想かもしれない。男はお父さんに近いくらいの年長の師匠的でありながら子どもじみたところもあってかわいらしい、女は才能ある弟子的で吸収して成長する力も著しく美しい。どっちにとってもいいんじゃないでしょうか。ま、生きているうちにぴったりの相手と巡り会うということはこういうことなんだろうな、と感じさせるには充分だったけど、それをそのままの形で部外者が読んで面白いのかなというのが、よく分からなかった。もうちょっと大局的に描写してくれ、構成をもうちょっとシンプルにして欲しいとか、最後にオチというか、つまんない一言を付けなくてもいいんじゃないかなとか、まあ、いちいちひっかかりながら読むので内容に入りにくい。ひとつ、面白かった箇所。丸山健二というサブタイトルがあって、人を褒めない安部公房が丸山健二の小説が良かったと出版社から電話番号を聞いて電話したそうで、当然自分を知っていると思ったら素っ気無い対応で安部公房が憤慨していたみたいな下り。ここだけ笑えた。この本を読んで安部公房の本を読みたいと思わなくなってしまった。小説家の私生活なんてそもそも読むべきじゃなかったんだな。そういう趣味があるわけでもないのに何か間違えた。
by kienlen | 2013-08-12 17:14 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー