ナス2題

父が「今年はナスはダメだった」と言うからがっくり。友達からもらったものでしのいでいたがもうない、と思っていたところに少し採れたからと持参してくれた。サイズは小さいが、これだけあったらおやきを作ろうという気になる程度の量がある。私のは地粉と水だけの皮で、切れ目を入れた丸ナスに油と味噌とほんの少々の砂糖のアンを挟むだけの極めてシンプルなヤツで、今年はそこにずっと作り続けている塩麹もちょっと入れてみた。気持ちに余裕がないのが今いちであるが、それでも慣れてきた感はある。かといって丸ナスの簡単な形以外に挑戦する気分にはまだなれない。来年の課題に上積みしておくことにする。
f0104169_20451464.jpg

で、次は夏のまだ始まりの頃にすでにナスが、の図。街角にこんなおしゃれな趣向。ご自由にお食べ下さいの意味だろうと解釈してキュウリをかじった。付近に味噌があったのです。もし違っていたらごめんなさいだけど。タイではカメに入れた水を旅人用に用意しておいたそうで、田舎に行くとその名残りを見ることができるが、それを思い出した。開かれた公共というか、こっそりと公共というか、ひっそりとこういうの、嬉しくなる。
f0104169_20523429.jpg

by kienlen | 2013-08-04 20:55 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31