いつの間にか7月

そうか、7月か。この間、お坊さんをしている友人と会って「お忙しいですか」と聞いたら「6月は葬式が少ないから暇」と言われた。亡くなる人が年間通じて最も少ない月なのだそうだ。檀家さんの話しだろうから一般にどうかは知らないが、何となく分かる気がした。精神の高揚感もあるよな。こういう生命力の旺盛な時にじっと机に向かっているのは、不自然な気がするわけだ、それで仕事をしない、というのは単なる言い訳だが、言い訳する相手もいないし、言い訳したところで許されるわけもなく自分が困るだけだ。つまり何かにつけて相手はいないわけだから、アーと言えばアーと返るだけなのです、こだまです、こだまの部屋です。

ノートパソコンを何にするかで迷って店に通っている。こういう時間とエネルギーを割くのは好きじゃないので、早いところ決めてしまえばいいのだ。だいたい前回買った時はノートにしろデスクトップにしろ20万円以上もしたのだから、それに比べればずっと下がっているのに、この躊躇は何だ。簡単な話し、ノイズが多い。これを買ったらこういう特典あります的な。それを欲しいわけじゃないのに、それを付けることで5万円も現金で戻ってくるとなって、それというのは別に無駄なものではないとなると、やらないのはバカだろうという気分になるのに、ほいほいとやる気分にもなれない。相手に芸があって乗せられた感を持つのはある意味快感だけど、芸じゃなしに力だけで来るというのがなあ、好きでないわけだ。そもそもこういう性格って失うものが多いのかも。ま、失っていることに気付かなければいいのだ。やはり自分がピンとこないものに乗っかるのは止めよ。それで5万円ないからと人生に決定的な影響を与えるわけでもあるまい。決断力鈍っているなあ。
by kienlen | 2013-07-04 09:13 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る