残された時間と買い替えと

父がネギ持参で我が家訪問。ついでにカモもあるともっと助かるのだが。そしておかしな話をしていた。赤信号で止まっていたら、自転車に乗った女性から「タイヤがおかしい」と声をかけられたそうだ。もう古いからタイヤがダメになったのかと思って不安になり、近くの車屋に入ろうとして脇道に入った。そしたら迷ってしまって行き着けずに途中で止めて車屋に歩いて行った。そしたら車を止めた場所が分からなくなって迷ってやっと着いた。来てくれた車屋の人には異常なしと言われた。申し訳なくてお金を渡そうとしたが受け取らなかった。以上である。

80歳を超えている父は、今さら車を買い替えるのも何であるが、変えたい気持ちもあって迷っているようだ。こんなことがあったことを機に買い替えに傾いている風でもある。買い物って言い訳が欲しいのである。だから「買えばあ」と言った。まあ、運転を止めるのが一番いいとは思うが、田舎でそれもなあ。私も毎年、仕事がなくなるのにこんな本やら資料やらがあっても無駄だあああ、でも、しかし、仕事があったら、これらがあった方が便利である、との逡巡を繰り返しているのだと言うと、分かったようなそうでないような…。時間がどれくらいあるのかなんて誰にも分からないのだ。だからやるか、だからやらないか。それも似たようなものか。
by kienlen | 2013-04-11 23:46 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31