ハローちゃんからの紹介状

うす曇で寒くもなく桜も多分満開だろう。修学旅行の後で部活が休みの息子が暇そうなので「花見でも行く?」と誘ってみたが、はっきりしない性格の割には即断で断ってきた。娘はいとこと映画を観た後に、叔父と花見に行くそうだ。私と外出したがる家族員は誰もいない。自分が行きたい場所に行き、子供の希望を聞くということをあまりにしてこなかったので、彼らなりに学習した結果が今日のこの態度である。子供の言うなり気味の父親は人気がある。お金のことは私だったのが、これも失い、用無しになるならなるでこちらにも考えがあるが、そこまでは達してないので半端だよなあ、と疎外感で新聞を開いた。現知事の細部に及ぶ改革志向の一貫で、戸配から新聞の全面広告での告知に変更になって久しい、県の広報の掲載日である。広報なんて広報する側がしたいことをするのであって、特別な興味もなかったが、今日は読んでしまった。それは「有効求人倍率」が登場していたからだ。それでつい先日の職安=ハローワークの対応を思い出した。

なんでもこのN県は7か月連続で全国平均を上回っているそうで、太字での広報に値すると判断されたようだ。自営業なので雇用保険など縁がないが、仕事はしたいのでハローに登録した。求人票を見ていたら某塾の「小論文の指導」というのがあって、時給が2000~6000円と破格である。指定通り、ハローの「紹介状」をもらって応募してみたが、2か月間なしのつぶて。ということは不採用だと判断して放置していた。するとハローから電話があって「この間の応募はどうなっているか」と聞くので「求人票には先方から連絡すると書いてあるのでそのままです」と答えた。すると「もう2か月たっているから明日あなたが電話して、その結果を報告してくれ」と言うのである。書類の処理がお役所の重要な仕事だから、そのために処理用データが必要であり、サッサと済ませたい、というところまでは理解できるが、お役所が文書の文面に従わずに個人と蔭で取引することに加担したいとは思わない。だいたい「紹介」なんて言葉にはとりもつ意味も含まれているはず。ハローの存在意義を示すためなら紹介状などと大げさにしないで「通過証明」くらいで充分だろう。派遣会社やら請負会社の求人から、短期バイトから期限付きからバンバン通過させて有効求人倍率もドンドン上げて、景気回復させておめでたいことである。
by kienlen | 2006-04-22 13:22 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー