静かな雪の日

激しく雪が降っていて静謐という言葉が似合いそうな日。車も通らないし、通っても雪に消音されてしまう。風がないので吹き込まない。こういう雪はあまり怖くない。まだ少し風邪気味ではある夫は車で店へ。こんな日にお客さんはないだろうけど。娘は昨日から咳がひどくなって寝込んでいる。今日はだいぶ良いようで食欲もある。この程度で済んでよかった。みんなが調子悪いものだから、自分もそういう気になり、仕事の気分にもなれず、昼間は昼寝して夜も充分寝て、それに昨夜は最初からテレビを見ることに決めていた。テレビ欄を見たら、大川周明と北一輝についての番組があるではないか。必見。大河ドラマを見た後でバレエの番組を楽しく見て、それからお目当ての番組。ちょうど今、佐藤優の大川周明の開戦時のものについての解説本を読んでいるところなので一層興味深い。それから、革新幻想の戦後史には、北一輝の弟についてかなり詳しく触れてあって、それはもう知らないことだらけだった。

この番組、昨夜で10回目だった。松本健一が解説していた。本は読んだことあるけど見たのは初めて。うん、いい感じでした。見逃した9回、残念。まあ、今さら残念もないか。50年近くも見逃し続けているわけなんだから、何を今さら、である。ただ今後はこの番組を見ようと決めた。次回は西田幾多郎。これはまた別の意味で自分的にはタイムリー。何しろ、ここんところずっと学びの時間がなく、カラカラもいいところ。さすがにちょっとうんざりしてきたな。ワシントンの友人がタイに行くから一緒の飛行機にしないかと言ってきて、こんな状態じゃなければ行くんだけど、今ならチケットも安いし。ちょっと前まで一番面倒だった留守中の子供の手配というのがないんだから、いつでもどこでも行けますなのだが、今しばらくの我慢だ。雪が湿っているけど体もだるいぞ。明日は絶対キャンセルできない現場があるので風邪はひけない。
by kienlen | 2013-01-14 13:31 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31