分からないことだらけ

つい最近、友人と話していてひじょうにびっくりしたことがあった。それはその彼が「ナチュラル・サイエンスやる人の気持ちって分からないんだよね」と言ったことだった。蝶々を追いかけるとか昆虫とか、そういうのも分からないらしい。理由を聞くと、役に立たないからだということだった。唖然。でも、仮に役に立つ研究をしたいっていうなら基礎研究を元にしないとできないじゃない、と当たり前過ぎて面白くないことを言ってみたが、何か次元の違うところで話している感が拭えないのだった。そういえば、このところ何度か、そういう意味では直接役に立たない分野の研究を続けてきた人と話していて、彼が「今の学生はすぐに役に立つことをしたがる」という話をいい意味じゃなくてしていた。私のように基本的に人の役に立ちたい願望に欠けていて、いやこのところは年のせいか役に立ちたい願望も芽生えているが恥ずかしいから言えない、それに、この人に役に立つことがあの人の役に立つかどうか分からないとか考える者はもうすでに失格なのだろうな。とにかく、役に立つものだけがいいと思ってないし、そもそも自分の関心だってどっちかっていうと役に立たないものの方にあるようだ。という自分を突きつけられもして、いずれにしろびっくりする友人の発言ではあった。

昨夜はさすがにテレビを見ていた。消そうかと思って一旦はそうしたけど、ここはやはり見届けないとなという気持ちもあり、10分で消したという友人に実況で伝えながら見ていたのだが、もうだったら消すなよ、であるが、皆さんが言っていることって同じだな。変える、改革する、再生する。大事なものは守っていく、という発言はしたら受けないということなんだな。そういえば女性誌なんかだって、いつもいつも今の自分を変えるというのが多いもんな。変身願望もない自分にはもうそれだけで理解できない。だいたいそんなに簡単に変わったことってじきに元に戻るんじゃないだろうか。何でそんなに変えたいのかっていうと、多分、皆がそう信じてくれないと消費社会は成り立たないからなんじゃないだろうか。現状でいいですとなれば働かない人も出てくるだろうし、物だって売れないだろうし。しかし経済はそうして動くのだろうが、政治も同じなんだろうか。分からない。分からないことだらけ。そもそもなぜこうなったのかという基礎研究的な部分を抜きにして、変える変えると言うのは楽だろうけど、そこまで楽していいんでしょうか、と思っている時に先の友人との話を思い出して、なるほどそういう流れなのかと感じたのだった。
by kienlen | 2012-12-17 10:14 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る