照明もバラバラ

明日は店のオープン日だ。どうなってんのかな、大丈夫だろうか。今日ちょっと覗いたら、さすがに殺風景なのが気になったのか、やたらと壁にベタベタ貼っていた。高僧の写真とか国王の写真とか。それですっかり新しい感じがしなくなった。娘が学校帰りに覗くはずなので、自分が見たとも言わずに「パパの店、どうだった?」と聞くと、しばらく黙っていて「ううう、微妙」と言う。だろうな、分かるよ、その感じ。いけないというのでもないが、何も考えてない感が伝わってくるわけだ。考えてやるのと考えないのとどっちがいいとも悪いとも言えないので難しい。で、「でも照明はかわいかった」とニコニコ。その照明は昨日買いに行ったもの。夫がいるとやっかいになるだけなので、彼が特にこだわるわけじゃない照明は娘とふたりで行くことにしていたのだが、結局付いてきたわけだった。

ところが意外なことにどれも、いいよいいよ、と言っている。結構高いから、そんな高いものを、と言うかと思ったら言わない。つまりもうへとへとに疲れていて半分朦朧としていたようなのだ。連日の準備だから無理もないとは思う。その店はアンティークと普通のが混じっていて、当然のことながらアンティークはいいのだが、さすがにそこまでは出せない。しかしいいモノを見るといいのである。で、3人で「いいよねえ、でも高いし、ウチは高級な店じゃないから…」で諦める。で、別のを選ぶわけだが、それだって本当は安くはないのである。でも安く感じてしまうのである。上手な商売だと思った。しかし上手な商売をしている店の方が買う気にはなる。店主の知識もちゃんとしてる。個人商店はこれじゃないとな。量販店みたいな画一的な対応はヤダ。携帯電話の対応はもっと本当にヤダ。ヤダヤダヤダ。結局一個ずつ違うのを選んで付けたら、出入りの業者の人がつくずく眺めて「オクサンさあ、これって統一できないもんかね」と言うのだった。多分よほど気持ちが悪いんだろうな、統一感のなさが。人って本当に色々である。面白いもんだ。それから妙に照明が気になって見るが、ううむ、結構統一している店は多そうだ。考えたことなかった、同じものを買うなんて。
by kienlen | 2012-12-03 21:23 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31