家族の中の位置取り

店を始めて以来、父親とご飯を食べることがほとんどなくなった娘。今、移転中でどっちの店もやってない状態の中で父親は夕食に参加するものと思っていたらしく、初日は「パパがいない」とひどくがっかりしていた。子どもって経験がない分分からないのだ。身に付いた習慣を変えるってそう簡単ではないだろう。いきなり夕食を家で食べるとも思えないし、そもそも昼夜逆転に近い生活習慣をいきなり逆転だってできるわけない。案の定どこかにハーイパイ(消えた)。でも昨夜は戻って来て、今日は照明器具を見に行くという。そうか、私が昨日酔っ払って電話して提案したんだった。明日も明後日も地元にいないから対応できないから明日しかないよって。それを自分は忘れていてあちらは覚えていたようだ。人ってポイントポイントがあるのだな。そういえばこの間、弟が息子の就職について心配して自分が勤めている企業の合同説明会があるからという連絡をくれた。将来性はないけど今しばらくは大丈夫、ああいう製造でも接客でもない半端なタイプがいっぱいいるぞ、というわけだ。ああいうのがいっぱいいる企業で将来性というのは、まあ、よく分かりません。意外にある意味での適応型ではあるしな。

で、それを息子に電話で伝えようと思ったのだが、どうせ電話にはでないのである。絶対というほど出ない。それで近くにいた娘に「兄ちゃんに電話して。どうせでないけど、就職はしなくちゃならないから、出なかったら一応後で大事な用件だから連絡くれってメール送っておくから。やるだけやってダメなら自分の責任」と、なんで電話一本でここまでくどくど言うんだっていう話をして電話をしてもらったら、何とそういう時に限って出るのでこっちがびっくりしてしまった。で、一応内容を伝えた。それで責任果した。それで娘に「人生、ここぞって時に対処できればいいんだよ。その感覚だけはなくさないことですね」などと言ったのだが、それで息子が内容を深刻に受け止めたかどうかは知らない。で、照明のことだが、とにかく夫とは好みが全くもって合わない。で、この間も「カウンターの椅子を買った」というから青ざめた。娘に伝えるとやはり絶句している。「パパ選ぶの心配だよね、やっぱり」と言うと「パパのやることは何でも心配」と言う。私と娘は一応分かる感じはある。で、夫は柔軟そうでいて頑固なのだ。何のかんのいっても譲らないというか理解しようとしないし歩み寄りもない。するとすれば放棄。娘は間に入って一応とりなそうとするタイプで、そうか、息子がああなるのは分かる。一切関知せずという位置を占めている。バランスで見るとそういう位置の人も必要ということだろう。しかし、家族経営とかやっているウチってどうやってんのかな。やはり力関係がきちんとしてないと不可能じゃないだろうか。今回店の移転で色々あって、お互い別々にやっているからもっているなとホントに感じている。たいがいの夫婦ってそうだと思うけど。
by kienlen | 2012-11-28 09:49 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー