ああ、お役所仕事

あるお願いを、ある行政機関に行なった。そのお願いについては依頼の文書が用意されているが、当方からすれば、そこまでしなくたって電話で済むだろうという予測をもっていた。そんなたいそうなお願いとも思えないから。ま、何がたいそうで何がたいそうでないかは食い違いがあったようで、文書のファックス送信を依頼された。はいはい、ということで宛名をうかがうと、電話の主が、自分でいいということだった。それでその人の名前を入れて送った。しばらくしたら、その人から電話があった。てっきりその依頼についての返答だと思ってスケジュール帳を出して準備したら「課内で回したら、文書の宛名が個人名なのはおかしいから○○○○○○○○○課宛で送り直すように言われたからそうしてくれ」というのである。あの感じ、甦る。行政機関で若い時にアルバイトしたことがあった。文書が回ってきてサインとかハンコとか押すように言われるから、どういう重要文書かと思ったらレクリエーションのお知らせだろうが何だろうが、とにかくみんな回しているみたいだった。あの光景の中にあの文書を入れ込んでみた、イメージの中で。

ひとり目、ふたり目くらいはハンコを押す。次の人あたりが「これさあ、個人名なのはおかしくないか」と言う。その個人名だった人が「便宜上なんだからよくないっすか。だいたい全員に関係ある事柄でもないし、回覧までしなくていいかなあって思ったんだけど、皆さん暇そうだし、何か読むものがあった方がいいかなあって思って回しちゃっただけですからあ」と言えば済んだかもしれないが言えない。あるいは「はいはい」と受け取って自分で書き直しちゃえばいいのに、まさかそんな不正行為をして一生を棒に振ることになったら家族もろとも路頭に迷うのだ、と思い込むのだ。そこで「そーですかねえ」とノロノロしていれば電話が入ったり用事が入ったりで忘れるかもしれないのに、個人名のその人は自主的に「じゃ送り直してもらいます」とでも言ったに違いない。言うことをきく方が事を荒げるよりうーんと簡単だ。しかし荒げるというほどの事かい。それで私に電話があったという経緯かどうかは知らないが、きっとそんなことだろう。公務員って激務だって聞いているが、そうでもない人もごく一部にはいらっしゃるのでしょうか。お役所仕事という言い方があるが、それ、突然浮かんできた。参った、参った。あるいはこういう民間な私がおかしいのか。あこがれの生活安定公務員ではあるが、多分務まらないや、自分には、ということを今さら言ってもしょうがないが、しかし、それにしても…。
by kienlen | 2012-10-25 21:22 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る